スポンサーサイト

  • 2013.11.27 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012年度ベスト10 (今更…)

今年も残すところ約1ヶ月。

部屋を片づけてたら、ドラマCDや本の感想を書いたメモ(下書き)が出てきて(^。^;)…それらの大抵は記事にアプ済み。
昨年度のベストを年頭に上げようとして、コピペしないうちに投稿に失敗して当該記事が消え(モバイル版と違ってPC版をスマホからカキコするのは難しい)…ショックから立ち直った頃には選考メモ自体が何処かへ紛れ込んじゃった(滝汗)。

今ではスマホアプリまで出ていてびっくり(カキコはアプリから、閲覧はブラウザ利用の方向で行こうかと…)(゜д゜)!

今回部屋を片づけてたら選考メモも出てきたので、ベストを10作品挙げるだけの記事(コメントは携帯でポチポチ書いてたので残ってなくて)だけですみませんですm(_ _)m

★『犬とつばめ』雨隠ギド
★『off you go』一穂ミチ/青石ももこ
★『茅島氏の優雅な生活 プロポーズ編』麻々原絵里依/遠野春日
★『月一滴』かわい有美子/花本安嗣
★『狼は魔法を』懐十歩
★『お菓子の家』凪良ゆう/葛西リカコ
★『リバーズエンド』木原音瀬/小椋ムク
※セットで
★『キャッスルマンゴー[2]』小椋ムク/木原音瀬
★『憂鬱な朝[4]』日高ショーコ
★『空と原』中村明日美子
★『みつきにいちど』青山十三

新刊既刊問わず期間中に読了したものから選んでます。

かなり様変わりしていてビックリ!Σ( ̄□ ̄;)

もの凄い久しぶりにブログにアクセス(ブラウザで)したら、ログアウトしてました(苦笑)。
PC版の管理ページじゃ使いづらくて(実際記事書くのもリンク貼るのも失敗してるし・涙)…そんなに開ける事なかったんだなぁって。

今回ログインからやって更に驚いたのは、記事書くのにアプリが出来ていた事。
っていうかアプリじゃないと記事が書けない(スマホ版では)。
という事でインストール。
使いこなしてみないとわからないけど、少なくともPC版よりは使いやすそう。
携帯版がホント使いやすかったから、PC版の書き込み失敗結構心のキズになってたの(´;ω;`)マジで。
うまく出来るようだったら昨年のベスト記事“こっそり”上げておこうかな…(^_^;)

出直してきます…

2012年度のベスト記事…書きかけて後でリンク貼ろうと下書き保存したはずなのに何処かへいっちゃった(´;ω;`)。

今日はもう気力ないのでまた後日書き直します。
これからはなるべくコピー出来るようならコピって保存しておこうφ(..)

今年もあとわずか

もの凄く久しぶりになってしまいましたが(滝汗)…とりあえず生きてますw

スマホからだと微妙に記事が書きにくいわ(私が使ってるこれ、PC用のページのような気がするし)バッテリー容量だの通信速度制限だのでツイッターとピクシブでいっぱいいっぱい…PCあればWi-Fi使えるのに、3Gだけじゃツライですね…ネットに繋がらない事も多々(T▽T)。
そして相変わらずコピペが全文しか出来なくてね(だから長文は無理そう?)…前月の読書メーターの読了リストの更新すら挫けてる始末。←これぐらいは頑張れば出来そうだけど、読了冊数が少なすぎて挫けた月があったり(苦笑)。

そうそう、『このBLが~』でランキングのアンケート書いてるのでよろしく(*´∀`)♪
積ん読しててうっかり読んでなくて地団駄踏んだ本もあったなぁ。
これぞというのは積まずに読まなきゃ、と大反省した年の瀬でございました。

次は年明けに2012年度のベスト記事でも書けたらいいなぁと思ってます。
頑張る…!!!!

スマホ大変…\(゜ロ\)(/ロ゜)/

18日に漸くスマホでびゅうしました( ̄∇ ̄( ̄∇ ̄*)ゞ
今まで以上に書くの時間かかりそう(笑)…でも頑張る(*^ー^)ノ♪

とりあえずご挨拶まで。←フリック入力に挑戦www

2012・上半期MyBest10

上半期に読了したBL漫画47冊、BL小説11冊。
その中から10作品を選ぶけれども、特に順位はつけません。

上半期は問題なくても、下半期に順位をつけると年間との差があまりない可能性が否定できず(-.-;)…年間順位の予想の楽しみ(←自分も含め・笑)の為にも、半期ごとの順位をつけない事にしました。


『off you go』一穂ミチ/挿絵:青石ももこ

『月一滴』かわい有美子/挿絵:花本安嗣

『犬とつばめ』雨隠ギド

『わんだふる・LOVER』[1]南月ゆう

『リアルリーマンライフ』今城けい/挿絵:金ひかる
続きを読む >>

『月一滴』かわい有美子


↑素敵な表紙なので大きい画像を貼ってみた♪


ファンの私としては、リンク作品でまた牧田さんが読めて嬉しいヨ\(≧ω≦)/
年齢の割に落ちつき過ぎてると言われても、仕事に対する真摯さに圧倒される…こんな男性、是非とも周りにいてほしいもんだ(´Д`)。
エチでは多少意地悪なムッツリ(笑)オヤジでも。
続きを読む >>

『off you go』一穂ミチ

notitle004.jpg
『is in you』のスピンオフ。

前作で当て馬だった佐伯(密)が、子供の頃からの本命(良時)には毒を吐きながらも…その裏でひっそり(まさに名前の通り!・苦笑)好きサインを出してたのが切ない。
攻も受も、当時はお互いに対する自分の気持ちを明確な言葉や形に出来ずに――共に既婚者になる訳だけど(そして共にバツイチになる展開…)。

良時がノンケなので(っていうか女性に優しい)、バイで遊び人(を装ってる?)の密の方が実は切ないはずなんだけど…良時視点なので彼の焦れ焦れぐるぐる感の方が伝わってくる。
この感じ、以前何処かで読んだと思ったら…“清澗寺家シリーズ”でした(伏見と冬貴w)。


そう、密は本命に対してだけは受になる事を許容した訳で。
そんな、元来は攻な受が…口の悪い受が妙に可愛くて(攻視点だから割り増されてる気もするけど・苦笑。※同時収録のうちの『I L××E YOU』だけ受視点)。


受の妻である、攻の妹・十和子が共犯者的なポジションというか…病弱なのに強い。男二人が背中を押されたような感じで。
二人も十和子をホント大事にしてるし(*^_^*)、彼女も“二人ごと”大切な存在として今後も生きてゆくのだろうなぁ。




そうそう…ス〇タがあったね、Aさん(私信w)

年末の戦い(笑)の戦利品

冬コミの戦利品リストを取り急いで上げてなかったのは、オリジナル(ジャンルとしてはJUNE、つまりはBL)ほとんど買ってないからなんですが…(苦笑)。

本当の意味で戦ったのは二次ジャンル(タ イ バ ニ)で、それはネットでの戦利品公開はしてませんのであしからず。


東のタ イ バ ニで戦い過ぎて…同僚と落ち合い頼んでた戦利品交換をした後、
西のオリジナルに移動した時には既に14時を過ぎてたとゆー(^。^;)。

ここでやはり友人達と戦利品交換、もはや西を廻る気力云々以前に撤収してるサークルさんもちらほら…。


というわけでタ イ バ ニの35冊に対してオリジナルは5冊だけでした(・ω・;)。
続きを読む >>

H.23年6月読了リスト

この月は、吉野ルカさんと宗真仁子さん月間ですね(苦笑)。
宗真さんて今やハーレ〇イン漫画家な印象があるんですが(ハー〇クインは読まない)。


2011年06月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:3055ページ



■半端なKOIならヤメにしろ!(S-lash2コミックス)
携帯配信で読んでたけど…携帯画面では何か見辛かったのと、描き下ろし目当てでゲト。 保育園が話の舞台。有能なバイト君(21)が、おマヌケな先輩保育士(25)にうっかり惚れるが…愛想無しでエラそうなので(苦笑)大抵怒らせてしまう。 なおき(受)の気持ちが傾いてくのは読んでて分かるんだけど…凌(攻)は冒頭から惚れてたに近いし表情からも分かりにくい(^_^;)。 極悪酔いしたなおきに「(略)その顔 すげー好き」って言われた時の凌の表情は(o~-')b なおきが園児と同レベルなのがご愛嬌www [178ページ]
読了日:6月3日 著者:ありいめめこ

■なりっぱなしの愛の鐘(Dear+コミックス)
タイトル作…年下の攻(秀丸)が泣き虫なおバカ(にもかかわらず893事務所に出入りしてる・苦笑)で、目付き悪そうな高校ん時の先輩が受。 同時収録も893繋がりで、秀丸の仲間の泰次が兄貴分の大熊にアタ〜ック(2人ともアゴに髭ww)♪する話。 そして狂犬(でもちょっとバカw)な若と、幼馴染みでもある忠犬・片山の話。攻に構ってほしい♪ちゃんな若が意外にカワイイ(笑)。 今回は、確かにロンゲじゃなかったね〜。[192ページ]
読了日:6月3日 著者:阿部あかね

■恋愛相姦図(JUNEコミックス・ピアスシリーズ)
電子書籍にて。リバ有りとの情報で、まずはタイトル作だけDLして読んだ。 普通は、好きだと口説く方が攻か襲い受なのに…口説かれてキレた相手に無理やりされちゃうって……(汗)。結局リバるわけだけどなんか微妙…で残り読むより先に『鈍色の花』(←コミックスは来月に出るのか…このタイミングで電子書籍><)を読了。 そしてその後に残りをDL…やっぱりコメディより暗めとかシリアスな方が好きかも。『回帰恋熱』と『下心〜』が良かった♪ ※そういえばス〇タもあったねw
読了日:6月5日 著者:わたなべあじあ

■パパの恋人(ダイヤモンド・コミックス)
電子書籍にて。短編集では珍しく、どの作品も良かった♪と感じた。 以前は気になった顔の輪郭がそうでもなくなって(最近のコミックスなのか…)、むしろ絵的には攻たちのカッコ良さに惚れ惚れ(≧ω≦)したり…設定的には無駄に足掻いたりぐるぐるしたりするのに萌えたり(笑)。 受は結構マイペースでひどいのもいるんだけど(苦笑)。 ただそれだけに、それぞれもっと長めな話で読みたかったな〜。エチシーンは映画のカットみたいで綺麗だった。受が両腕を伸ばして…抱きしめてほしい、もしくは抱きしめ合いたい…という感じが(o~-')b
読了日:6月6日 著者:吉野ルカ

■ささ夜の恋(ダイヤモンド・コミックス)
電子書籍にて。陰間茶屋を舞台にした話が4編。ささら も 茜 も しのぶ も幸せになった(正確には、しのぶ は役者勉強の為に色子をしていた)のに…ふじの だけが悲しい結末に(ToT)。 幸せな気持ちのままとはいえ、それはないよなぁ…最初で最後の恋だったのに栄心さま(/_;)。 現代ものも3編…ダイビングの話が良かった(^-^)。好きな人と同じものを見れる(楽しめる)喜びが伝わってくるよ。
読了日:6月6日 著者:吉野ルカ

■君のせいで僕は(花音コミックス)
電子書籍にて。慌てると方言が出る(笑)受がカワイイ『ちょっと待ってよ』(最後に…なんて、受にとっては本当に「ちょっと待ってよ そりゃないだろ」状態だよね)。◆10年前(7歳の時)から近所のお兄さん(当時19)を慕ってた、受の想いを『大人になっても』変わらずにいるとは信じないヒロ兄さんの狡さ…というか、信じれない弱さ?――確かに手を出してしまって後々“若さゆえの過ち”だったと責められたら辛いけど(-.-;)。 この2作品が良かったかな☆
読了日:6月6日 著者:吉野ルカ

■ビターチョコレートキス(花音コミックス)
電子書籍にて。ゲイの山本は、好きになった相手(ノンケ)が好奇心から関係を持ってくれるものの…結局振られてばかり。本気じゃなきゃ(セフレなら)うまくいく…(だから)本気じゃないフリをする――確かに失恋するより辛いよなぁ(T_T)。池田とはお幸せにね♪←このバンドの音を聴いてみたくなった(『はじめまして』)。 愛犬の身代わり×寂しい人(『君に会うために』)、彫師×痛みを感じなくなった子(『クロス』)、寮生活での“その道の人たち”(『恋の初めの』)も良かった(^-^)☆
読了日:6月6日 著者:吉野ルカ

■まなざしの早鐘(Dear+コミックス)
電子書籍でコミックス未収録作品を読んで、何となく気になってた作家さんなのでゲト。 タイトル作の受(江里)は高校教師。彼が教育実習生時代に出会った中学生(本尾)が、やはり教育実習生となって江里の高校に現れる。キスしてるところを同じく教生の泉と、生徒の峰に見られ…。 ゲイ故に学校内に居場所がなくて、という学生時代を送った主人公達が公開告白する迄の話(笑)。保健室で盛り上がり始めた二人に、[3]を選択する峰くんwww 同時収録は、ツンデレ?塾講師(ツッコミ)×教師になった泉(ボケ)の夫婦漫才w [192ページ]
読了日:6月11日 著者:カキネ

■百いろどうぐばこ(スーパーBE-BOYコミックス)
店頭で見かけた あじあさんのコミックスの中で、表紙が好みだったのでゲト。裏表紙のあらすじがまたよく分からないところが面白そうで(苦笑)。←オカルト系フシギ話? 冒頭で、いわくありげな美人(梟)にイジラレてる黒髪メガネくんが…実は烏で、梟の“男”で(メガネ取ったらカッコいい攻に早変わり? //▽//)。←でも悲しい事にエチの時の記憶が残らない攻ww ヒトではないものたちや、黒蜜(黒猫)のチビチビ・バージョンの話が可愛かった〜(≧ω≦)♪[178ページ]
読了日:6月11日 著者:わたなべあじあ

■王様のベッド(BE-BOYコミックス)
またしてもメガネ度が低いコミックスだったね(苦笑)。タイトル作、受の弟が強力w 同時収録の『花』が…“想われてなくてもいいって 一度でもいいって だけどこんなに悲しいなら ”…うん、切ないよね。彼女は可哀想だったけど、二人はハピエンで良かった(^。^;)。[162ページ]
読了日:6月12日 著者:草間さかえ

■同居してもらいます!(Charaコミックス)
電子書籍にて。ホテルオーナーの愛人の子・芳紀(大学生)は母の死後、父に請われて正妻の子である義兄・遼と同居。生活能力ゼロで男女構わず付き合ってる遼に、呆れながらも徐々に惹かれていき…友達の件も含め一人ぐるぐるしてる芳紀が可愛い(外見的にはそんなにカワイコちゃん風ではないんだけど)♪ 父の会社がヤバくなって離れなければ、という時点で漸く動き出す二人の想い…最初クールだった遼が甘えん坊になってるラストに笑ったw 同時収録の、一途に想う攻たちとクールな受たち(リーマン同士&リーマン×デザイナー兼オーナー)もイイ
読了日:6月12日 著者:宗真仁子

■君にクーデター(Charaコミックス)
電子書籍にて。柔道部の部長・葛西(高2)と幼馴染みの部員・遠山(高1)。 遠山ん家の道場に葛西が通い始め…そのうちに受に横四字固めを決められて気持ちを自覚する攻ってww 1冊ほぼこのカプ(巻末に同時収録が1編だけ)…攻にちょっかい出す見た目カワイイ1年と、彼の本来の相手・紀(893か何かかと思ったら…高3って・苦笑)の話もちゃんと読みたかったな〜。 紀が遠山に、エチのレクチャーしようか?というシーンに(*^m^*)♪♪…別に紀×遠山でも構わないんだけど(笑)?←攻×攻が好きなのでw
読了日:6月12日 著者:宗真仁子

■禁じられた体温(Charaコミックス)
電子書籍にて。タイトル作と短編2つ(他社の文庫版は、このコミックスと『同居して〜』のコミックスから、同時収録の『ないしょで〜』『その気に〜』を抜いたもの)。 タイトル作は刑事×同級生の弟。出会った当時はお互いひとめ惚れだったろうに……事故だの事件だのが重なって離ればなれに。 再会してからも事件に巻き込まれる二人(-.-;)…攻の同僚(副島)が普通にイイ人だ〜(・ω・ )b 同時収録は いわくありげな男×モデル、リーマン同士(受は既に上司と付き合ってた…)。 なんか――攻に萌えツボ押される作家さんだな〜w
読了日:6月13日 著者:宗真仁子
続きを読む >>

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM